Pocket

「映画えんとつ町のプペル」を4回観に行きました!

「泣きすぎて、マスクがグチャグチャ!」
「バスタオルが必要なくらい泣く!!」

大人が感動する映画だと話題ですね。
私も初回に4回ほど泣きました。(T_T)

「映画えんとつ町のプペル」を何度見ても面白いと思える理由は、不思議や謎が多いからです。
製作総指揮であり、脚本を書いた西野亮廣さんも言っていたましたが、
今回の映画だけでは伝えきれない、謎や秘密がたくさん散りばめられているそうです。

西野さんの師匠であるロザンの菅さんも分析していました。
「映画のキャラクターそれぞれで、アニメ化や映画化ができる」と言っていました。
この映画は序章にすぎず、キャラクターや次回作へと波及していくそうです!

双子の姉妹、ドロシーとクレアのストーリーもその一つです。
妹のクレアはほんの一瞬しか登場しません。
エンドロールにも名前がありませんでした。

しかし、姉妹の髪型や口元のホクロの位置に注目すると、違和感を覚えます。
ドロシーとクレアの謎が分かると、この二人の物語を知りたくなるはずです。
私の分かる範囲で二人の秘密を解き明かしたいと思います。

今回は、
ドロシーとクレアのホクロや髪型など特徴の違いは?
ドロシーは死んでいたの?双子が入れ替わった理由や感動の秘話を紹介!
ドロシーのモデルは誰?

ドロシーとクレアの声優は誰?
マムシやダンとの関係は?

この内容についてを紹介します!

この記事は「映画えんとつ町のプペル」のネタバレが多く含まれています!

 

3分20秒ころから菅さんの「映画えんとつ町のプペル」の分析が始まります!



双子のドロシーとクレアのホクロや髪型など特徴の違いは?

「映画えんとつ町のプペル」双子のドロシーとクレアのホクロや髪型など、二人の特徴の違いを表で紹介します。

ドロシー(左)            クレア(右)

ドロシー クレア
姉妹
年齢 16歳 16歳
職業 ガラス工芸職人 占い師
ホクロ 口元の左
画像は右?
口元の右
髪型 赤色のメッシュ
ポニーテール
右分け
緑色のメッシュ
ロング
左分け
家系 星読みの末裔(星読みの知識はない) 星読みの末裔

妹のドロシーはタンクトップで、たくましくアネゴ肌の女の子です。
姉のクレアは、おしとやかなイメージがあります。

映画では、ドロシーが序盤にプペルと遭遇します。
異端審問官からプペルを助けます。
この時のホクロの位置は口元の右側にありました。

ドロシーはタンクトップ姿でポニーテールをしていて、いかにも活発な女の子のイメージです。
映画の重要アイテムであるガラス玉のブレスレット作りの回想シーンでは、ブルーノとルビッチにガラス細工を教えています。
この時のホクロの位置は左側でした。(画像がないので、ぜひ映画を観て確認ください。)

ガラス細工の回想シーンでクレアが登場します。
紫のローブをまとった占い師の格好で、おしとやかで知的な印象がします。
クレアが出てくるのはこのシーンだけで、ホクロの位置は右側です。
そして、唯一双子の姉妹が画面に揃うシーンでもあります。

もう一か所ホクロが左側のドロシーが出てきたのは、ブルーノが町人と喧嘩した回想シーンです。

その後に何度も出てくるのは、ホクロが右側のドロシーです。

結論をいうと、映画に出ているのは、ほぼドロシーに扮したクレアということになります。

なぜ、クレアはドロシーに変装したかについてこれから説明します。
そこには、悲しく切ない感動の秘密があったのです。



ドロシーは死んでいたの?双子が入れ替わった理由や感動の秘話を紹介!

ドロシーの死について、「映画えんとつ町のプペル」のパンフレットP22『えんとつ町にまつわる8つのトリビア』の8番目に書いてあります。

星読みの末裔であるクレアは異端審問官に命を狙われており、ドロシーは姉を守るとために彼女と入れ替わり、あえなく命を落とす。
その後、クレアは亡き妹の身代わりとなってドロシーとして生きていたのだ。

引用:映画パンフレットより

異端審問官のボスであるトシアキが、レター15世に『星読みの末裔を始末しました』と報告をするシーンがあります。
これは、『星を読むことができる者=占い師』と考えることができます。
『占い師のクレアが殺された』と読み取った人もいるのではないでしょうか?

でも違ったのです。
ドロシーは、クレアが異端審問官から命を狙われていることを知り、ドロシーが身代わりとなり殺されたのでした。

クレアがドロシーに変装したのではなく、亡くなった妹の代わりにクレアはドロシーとして生きることになったのです。

映画の中でレター1世の銅像が登場しますが、これはドロシーが制作したものでした。
そして、プペルの銅像を制作するシーンがありますが、これはドロシー扮するクレアが作ったことになります。

クレアは占い師だけではなく、金属加工の技術もあったんですね。
双子なので同じ手先の器用さを持っていたと思います。

ではなぜドロシーは異端審問官の処分対象にならなかったのでしょうか?

これは予想ですが、ドロシーは星読みの能力が無かったからだと思いました。
双子なのでドロシーも星読みの末裔になるはずです。
もしかして、トシアキは処分をしたかったのかもしれませんが、レター15世は余計な処分対象者を増やすことを許さなかったのかもしれません。

そういった理由から、クレアのみ処分対象となり、ドロシーが身代わりになったことで、クレアは助かったのでしょう。
そしてクレアはドロシーとして生きることができ、ルビッチとプペルの『星を見るという夢』の手助けができたのです。

ドロシーはなぜプペルを異端審問官から逃したの?

ドロシーがプペルと初めて出会った時に、プペルは異端審問官から追われていました。
ゴミ人間と対峙したドロシーは怖がるでもなく、異端審問官に突き出すでもなく、助けました。

なぜドロシーは異端審問官からプペルを逃したのでしょうか?

その理由は、プペルが持っているはずがない『ある物』を持っていたからです。

これは映画を観て確認してほしいのですが、
・ドロシーと出会ったときのプペルの頭の傘ははどうなっていたか?
・プペルの頭の中にあった『ある物』とは何か?
映画を観た人は、このヒントで分かっていただけたと思います。

ドロシーは、この『ある物』を見つけたから、その後もプペルとルビッチに協力して星を見るための手助けをしたのです。

▼下の画像はドロシーが映画で登場するファーストシーンです。

 



ドロシーのモデルは誰?

ドロシーのモデルは、映画『スワロウテイル』の時の山口智子さんです。

タンクトップ姿で、仰々しいバーナーを持っている姿がドロシーにそっくり。
シェンメイ(春梅)役の山口智子さんは美しくかっこいいスナイパー役で、西野さんも大好きだったようです!

【スワロウテイルの山口智子】

>>>映画『スワロウテイル』はNetflixで視聴できます!

 

その他にも参考にしたモデルが何人かいます。
引用:「別冊カドカワ【総力特集】西野亮廣」より

『スワロウテイル』の山口智子

タンクトップ姿。
分不相応なほど仰々しいバーナーを常に背負って持ち歩いている。

『ターミネーター』のサラ・コナー
『君の名は。』の先輩 子供心にも色気を感じさせる。
細身ながらもセクシーなスタイル。
『キックアス』のヒットガール 勝気でクールな性格の姉御肌。
かわいくて強いヒロイン像。

 

【ターミネーターのサラ・コナー】

 

【君の名は。の先輩】

 

【キックアスのヒットガール】

 



ドロシーとクレアの声優は誰?

ドロシーとクレアの声優は、本泉莉奈さんです。

本泉さんは声優として活躍されていて、数々のアニメ作品に出演しています。
・HUGっと!プリキュア(2018年 – 2019年:薬師寺さあや / キュアアンジュ)
・賢者の孫(2019年:シシリー=フォン=クロード)
・プランダラ(2020年:陽菜)
・体操ザムライ(2020年:荒垣玲[14])
・やくならマグカップも(2021年:青木十子)

本泉さんは「映画えんとつ町のプペル」のドロシー役を演じることになり、作品からたくさんの勇気をもらったと言っています。
ドロシーとクレアの切ない物語を教えてもらい、その上で声優に挑みました。

ドロシーは仲間思いの強くて優しい女性ですが、そんな彼女もいろいろな想いを抱えて生きてきたことを考えると、切なさややるせなさでいっぱいになりました。
でも、ルビッチの気持ちに寄り添い、彼女なりにサポートする姿は、まさに姉のようで芯の強さが見えます。
信じる心を大切に、意志の強さと優しさを表現できるよう心がけました。

引用:映画パンフレットP12より

本泉さんのお気に入りのシーンは、ルビッチとブルーノが「ぬくもり工房」でガラス細工のとんぼ玉のブレスレットをつくるシーン回想シーンです。
そのときに、ローラが夜遊びにするブルーノに対して、「いいのよ。家にいられるとうるさいから」と言います。
そして、ドロシーとクレアが同時に「懐見せてきたー!」と言ったシーンが好きなシーンなんだそうです。

実は当初の台本では「懐見せてきたー!」ではなく、「間違いない」だったのですが、収録の時に会話の流れをみて変更されたということでした。

 

【本泉莉奈さんのプロフィール】
・引用:Wikipediaより

愛称 本ちゃん
出身地 福島県
誕生日 2月4日
血液型 A型
身長 158 cm
職業 声優
事務所 81プロデュース
活動期間 2013年~
デビュー作 ブレイブリーデフォルト プレイングブレージュ(キューリ・オブリージュ)


マムシやダンとの関係は?

ドロシーとクレアの祖父に医者のマムシという人物がいます。
医者と言っても闇医者です。
マムシは、訳あり煙突掃除屋たちの世話をよくしてくれています。

マムシは異端審問官のスーさんに襲われて、ケガをしたダンの治療をしたときに登場します。
映画のシーンでドロシー(クレア)にダンの状態を尋ねられたのですが、何を言っているのか全く分かりませんでした。
どうやらドロシーだけはマムシが何を言っているか理解できるようです。

ダンの状態について、マムシはこう言っていたようです。
「危険な状態じゃったが、もう安心じゃ。どうにか峠は越えられたわい。」

星読みの末裔であるドロシーとマムシの共通語で話しているのでしょうか?
(深読みしすぎかな)

ダンは煙突掃除屋を取り仕切るボスです。
職人気質で強面ですが、面倒見が良くて煙突掃除屋の仲間を家族のように大切に思っています。

プペルを助けて仕立て屋の仕事を与えてくれました。

映画のパンフレットに書かれていますが、ダンはブルーノを助けて船の設計図を作製したんだそうです。
(プペルが初めて仕立て屋「ブルーノ」をとずれた時に、壁に貼られた船の設計図の右下に「Dan」というサインがあるので、映画を観て確認ください!一瞬だけなので見逃し注意です。)

ダンはなぜ見たこともないはずの船の設計ができたのでしょうか?
この謎についても推測してみました。

ダンは星読みの末裔と深く関わりがあるのと思われます。
250年前レター2世は、現在の「えんとつ町」のある島へ船で訪れました。

その時に一緒に来たのが星読み一族です。
航海をする上で、星は地図の役割があり方角を確認することができるのです。

星読みができるだけでは船は航海できません。
航海士が必要になります

ダンは航海士の末裔であり、船の設計図を書くことができ、マムシやドロシーとも先祖からの関係が根深かったのではないでしょうか?

レター一族にとって、空や星、海の外の世界を知られることは良しとされません。
外の世界を知っている星読みと航海士の存在は必要ないのです。

ダンやドロシーが異端審問官から狙われた理由は、外の世界を知る存在だったからです!



まとめ

今回は、
ドロシーとクレアのホクロや髪型など特徴の違いは?
ドロシーは死んでいたの?双子が入れ替わった理由や感動の秘話を紹介!
ドロシーのモデルは誰?

ドロシーとクレアの声優は誰?
マムシやダンとの関係は?

この内容についてを紹介しました。

ドロシーとクレアの切ない物語は、今後アニメ化や映画化を期待しましょう。
そうなると、レター一族や星読みの一族が絡んだ250年前までさかのぼった壮大な物語になりますね!

今回のドロシーとクレアの記事は、西野さんの情報を集めましたが、私の推測や考察した部分も多くあります。
もし間違っていたら、教えていただけると嬉しいです。

ここまでの長文を読んでいただき、感謝致します。
私自身も書いていて楽しかったですし、映画をもう一度観たくなりました。

ぜひ気になる内容があったら、「映画えんとつ町のプペル」を何度も観ていただき、確認してさらに深堀りしていただけたら、より楽しめると思います。

ありがとうございました。



Pocket