Pocket

アカデミー賞を受賞した「映画えんとつ町のプペル」はもう観ましたか?
現在、150万人を動員して大ヒット中です!

西野亮廣さんが制作した「絵本」と「映画」のえんとつ町の美術館が兵庫県川西市に建設される予定です!

なんかメチャクチャ面白そうな美術館になりそうですよね。
とっても楽しみです!

今回は
・えんとつ町のプペル美術館の場所はどこ?
・えんとつ町のプペル美術館の完成はいつ?
・えんとつ町のプペル美術館の土地の大きさや総額の費用は?
・えんとつ町のプペル美術館の入場料はいくら?
・「えんとつ町」というエンタメの町ができるって本当?町の構想は?

この内容について紹介します!



えんとつ町のプペル美術館の場所はどこ?

えんとつ町のプペル美術館の場所は、兵庫県川西市です。

川西市は西野さんの生まれ故郷で、地元を盛り上げるためにこの場所を選びました。

キングコング西野の地元・兵庫県川西市に『えんとつ町のプペル』の世界を忠実に再現した美術館をつくって、川西市を盛り上げたい。

引用:クラウドファンディング「SILKHAT 」より
https://silkhat.yoshimoto.co.jp/projects/103

 

『えんとつ町のプペル美術館』は兵庫県川西市の能勢電鉄「滝山駅」の目の前が建設予定地なんだそうです!

『えんとつ町のプペル美術館』は川西市の真ん中を縦に走る“能勢電鉄”の「滝山駅」の目の前です。

梅田(大阪の中心)からだと、電車で30分弱ですかね。
車でも同じぐらいです。
「兵庫県川西市」と聞くと、なんだか遠い田舎のイメージがありますし、実際に山と川に囲まれた田舎ではあるのですが、利便性はメチャクチャ良いです。
新大阪からだと車で30分。
大阪国際空港からだと車で20分。
やっぱ、めちゃくちゃイイです。

引用:西野亮廣エンタメ研究「2019年1月19日の記事より
(記事の閲覧はオンラインサロン:月額980円へ入会すると見られます)

※地図:兵庫県川西市滝川駅



えんとつ町のプペル美術館の完成はいつ?

えんとつ町のプペル美術館の完成は、2022年の春を予定しています。
書籍『別冊カドカワ西野亮廣:P156』に完成予定が書かれていました。

西野さんのやりたいことは美術館づくりだけでははありません。
エンターテイメントが広がる「町づくり」です。

京都やベネチアみたいな、観光地でもあり人々が楽しみを持って暮らせる町が作りたいということなんです。
それには地元の川西市の住民の皆さんや近隣の町の協力が大切です。

美術館ができることで従来暮らしている人にも喜ばれる必要があると西野さんは考えています。
土地はすでに確保していますが、住民との信頼関係づくりを一番大切にして、2022年春の完成を目指しています!

▶▶▶Amazon書籍『別冊カドカワ西野亮廣』の購入はこちら!



えんとつ町のプペル美術館の土地の大きさや総額の費用は?

えんとつ町のプペル美術館の土地の大きさは、兵庫県川西市の能勢電鉄「滝山駅」の目の前の150坪(500㎡)ほどの土地を購入しております。

一般的な住宅の平均坪数は30~40坪と言われております。
学校の体育館くらいの大きさと書かれた記事もありました。

ちなみにジブリ美術館と東京ディズニーランドと比べると、規模は小さいかなと思う部分もあります。
・ジブリ美術館の坪数:約1,210坪(約4,000㎡)
・東京ディズニーランドの坪数:約154275坪(51万㎡)

ただ、西野さんは「えんとつ町」というエンタメの町を作りたいということなので、さらに大きな土地の購入も検討しているとのことでした。
京都やベネチアのような楽しくて歴史があって、住む人や訪れる人がワクワクするような町づくりを目指していると思います!

地元(川西)で不動産屋さんをやっている〇〇君から「駅前で、150坪(500㎡)の土地が空いたよー」という連絡があり、酔っぱらった勢いで購入を決意。
引用:西野亮廣エンタメ研究「2018年4月11日の記事より
(記事の閲覧はオンラインサロン:月額980円へ入会すると見られます)

 

えんとつ町のプペル美術館は総工費が、10億円~20億円と言われています。

西野さんは週刊誌に10億円の資金難だと叩かれたときに、その倍の20億円くらいかけるつもりだと、しれっと言っています。
私の予想だと、美術館だけでも30億くらいかかっちゃうんだろうなぁと思っています。
株式会社CHIMNEY TOWNのスタッフの皆さま、頑張ってください!笑

・万願寺の個展:予算1500万円➜5000万円
・ハロウィンパーティーPV:予算1500万円➜5000万円

本日発売の週刊誌に「キングコング西野の美術館建設に10億円。資金難か?」といった記事が掲載されたのですが、美術館建設は規模を少し拡大して20億円ぐらいブチ込む方向で動いているキングコング西野です。

引用:西野亮廣エンタメ研究「2021年2月9日の記事より
(記事の閲覧はオンラインサロン:月額980円へ入会すると見られます)

今朝、週刊誌の記事で「プペル美術館、完成するのか? 吉本退社で不足金10億円!」とあって……こんなの相手するのも面倒なんですけども、一応ご説明させていただきますね。
知らない方の為に、前段階からご説明します。
僕、美術館を作ろうと思っているんです。
今のところ『えんとつ町のプペル美術館』と呼んでいるのですが……建物の中に『えんとつ町のプペル』の作品を並べた美術館ではなくて、もう、実際に「えんとつ町」を作っちゃって、その中を歩いて回れるような美術館です。
当然、その分、予算は膨らみます。

たぶん10億円じゃ効かないと思います。

~中略~

記事の最後には「10億円となると、さすがにハードルが高い。今後は建物の簡素化など、建設費を下げることになるかもしれない!?」とあったのですが、まったく逆です。
建設費を上げようとしています(ごめんて!)


えんとつ町のプペル美術館の入場料はいくら?

えんとつ町のプペル美術館の入場料を紹介します。
2018年のサロン記事の情報です。

・入館料:大人300円~500円、子供は無料
・年間パスポート:5000円
・一晩貸し切り:20万円

ソルさんが出してくれた案、『一晩(営業時間終了後)貸切権』はメチャクチャいいな。
美術館の貸切り値段を20万円とかに設定すると、
一人5000円を持ち寄れば40人で貸しきることができる。
これ、クラウドファンディングとか関係無しに、『えんとつ町のプペル美術館』の通常サービスとしても使えるなぁ。
あと、年間パスポート(5000円)を作りたい。
入館料を300円~500円(子供無料)にしたくて、年間パスポートだと、10回以上通って、ようやくモトがとれる。
ただ、たぶん、10回以上通う人なんて、あんまりいないと思う。
それでも年間パスポートの値段は5000円にしたい。
となってくると、年間パスポートを持っている人にしか受けられないサービスが欲しい。
あと、年間パスポート自体に価値がある(カードのビジュアルがイケてる)とかにしたいんだけれど、どんなカードがいいかな?
誰か、カードを作れる人、います?
引用:西野亮廣エンタメ研究「2018年4月12日の記事より
(記事の閲覧はオンラインサロン:月額980円へ入会すると見られます)


「えんとつ町」というエンタメの町ができるって本当?町の構想は?

西野亮廣さんは、「ディズニーを超える」とか「世界のエンタメを獲る」とか言っていますが、さらに痺れることを言われました。

「300年続くエンタメを作る」という壮大な夢を語ってくれました。
自分が死んだ後の世界まで考えたエンターテイメントの歴史を設計するということです。

オンライサロンでは、「エンタメの歴史を設計」を思想だけではなく、具体的に実現していく過程を記事として紹介してくれます。
このプロセスを楽しんでいるサロンメンバーさんは結構いるはずです。

どんな美術館ができて、どんな町づくりを目指しているのか、一部記事に書かれたことを紹介したいと思います。
知りたい方は、オンライサロン「西野亮廣エンタメ研究」に入会して、記事を読んでくださいね!

「えんとつ町のプペル美術館」は2022年の春の完成を目指しています。
「えんとつ町」としてエンタメの町は、形になるまで10年はかかるのではないか思います。

その中身は何があるのか、随時更新できたらと思います。

巨大ボールプール
2018年10月31日のサロン記事にて
2019年7月2日のサロン記事にて

▼ 「世界観のあるキッズパーク(=アートパーク)」
▼ 光る絵の展示スペースが『地底湖』

2019年10月28日のサロン記事にて

▼ リサイクルショップ『プペル』
2020年6月26日のサロン記事にて
▼ 川西に宿泊施設「ペンション」を作る
▼「西野のアトリエ」
2020年7月20日のサロン記事にて
▼ローラーの滑り台スカイサイクルで回れる「ゴッリゴリに世界観を作り込んだ公園」
「西野の墓」
300年続くエンターテイメントを作る

2020年9月12日のサロン記事にて

▼えんとつ町のマンション
2020年11月23日のサロン記事にて

 



まとめ

今回は
・えんとつ町のプペル美術館の場所はどこ?
・えんとつ町のプペル美術館の完成はいつ?
・えんとつ町のプペル美術館の土地の大きさや総額の費用は?
・えんとつ町のプペル美術館の入場料はいくら?
・「えんとつ町」というエンタメの町ができるって本当?町の構想は?

この内容について紹介しました!

えんとつ町のプペル美術館の完成は、2022年の春を予定しています。
場所は西野さんの故郷の兵庫県川西市に建設されます。

美術館だけではなくペンションやマンションなど、「えんとつ町」を作る計画です。
目指すところが京都やベネチアみたいな、生活に歴史あってアートになるような町っていうのが素晴らしすぎます!

それだけの壮大な計画だと土地も必要で、総額は20億円以上は軽くすると思われます。

すごい美術館ができるのは間違いないです。
完成が待ち遠しいですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



Pocket