そうか!大坂なおみコーチ解消の理由はグランドスラム全制覇のため?

Pocket

大坂なおみ選手がサーシャコーチとの関係解消を発表しましたね。

様々な噂が飛び交っていますが、

世界ランキング1位で、

全米・全豪オープンという

テニスのグランドスラムの2大会を制した今、

なぜ絶頂期の最中にコーチ解消になったのか、

疑問の声が飛び交っています。

その理由を探って行きましょう!!

スポンサードリンク




大坂なおみ選手とサーシャコーチのTwitterのメッセージ

ツイッターでは、

お互いを称えるメッセージを送り合っているから、

円満な契約解消と言えます。

ですが、

だからこそ今後の

全仏とウインドブルドンの優勝を

サーシャコーチとなぜ目指さないのか、

とても謎が残りますよね。

サーシャコーチは大坂なおみ選手の

メンタルを支えたといわれています。

ですので、すでにメンタル部分は鍛えられたから、

サーシャコーチから卒業したともいえます。

そして今後は、

サーシャコーチではない、

他のコーチから学ぶことで、

4大大会をすべて優勝して、

グランドスラム全制覇を目指しての決断なのでしょうか?

テニスの専門科からの意見

それではテニスに携わる専門家からの意見をもとに

コーチ解消の理由を検証していきたいと思います。

『メンタル面が強くなったから、技術面を強化するためでは?』

『金銭面の問題。契約を続ける上で契約金の折り合いが合わなかったのでは?』

『来年10月、22歳になると日米どちらかの国籍を決める必要がある。日本国籍を選ぶと日本での活動が多くなり、サーシャコーチとしては日本を拠点にすることをよく思っていないからでは?』

『セカンドサーブが苦手でリターンエースを何度もされている、その辺りの技術を他のコーチから学ぶのでは?』

『全仏オープンに向けて苦手な赤土のコート対策を他のコーチと一緒に研究していくためでは?』

たくさん意見がありますが、

今後サーシャコーチとの関係解消の理由が

少しずつ分かっていくと思います。

スポンサードリンク


大坂なおみ選手がグランドスラム全制覇をするためには!?

現在、女子テニス界100年近くの歴史の中で、

グランドスラム全制覇を成し遂げたのは、

わずか10人です。

  • シュテフィ・グラフ
  • モーリーン・コノリー
  • マーガレット・スミス・コート
  • マルチナ・ナブラチロワ
  • セリーナ・ウィリアムズ
  • マリア・シャラポワ
  • ドリス・ハート
  • シャーリー・フライ
  • ビリー・ジーン・キング
  • クリス・エバート

この10人の中でも

年間で4大大会を制したのは、

上記の上3人だけなのです。

今後の課題として、

全仏オープンが鍵となりそうです。

2018年は3回戦で敗退しています。

大坂なおみ選手の持ち味である

強烈なサーブは、

赤土のコートでは勢いが吸収されてしまうのです。

そのためリターンを返されやすくなってしまいます。

フットワークやスタミナがあり、

ラリーが得意な選手が全仏オープンでは優位になるのです。

この不得意な赤土コートをどう攻略するのかが、

大坂なおみ選手の今後の課題になるでしょう。

まとめ

大坂なおみ選手がサーシャコーチとの関係解消をした一番の理由は、

グランドスラムを全制覇するためだと思います。

さらなる飛躍を目指して、

新しいコーチと共に夢の偉業達成するでしょう!!

今後の大坂なおみさんの

活躍に注目しましょう!!

スポンサードリンク


気に入ったらポチっと押してください。
↓↓↓

 



Pocket