サンビーチ日光川2019駐車場料金や混雑する時間帯は?アクセス方法も紹介!

Pocket

『サンビーチ日光川』は名古屋市内にあるビーチ付きのプール施設です。

ウェーブプールやウォータースライダーが人気で、ビーチには簡易テントを張って、のんびり過ごす家族連れで賑わいます。

大都会にビーチリゾートがある感じで、面白いですよね。

気になるのは混雑状態ではないでしょうか?

今回は『サンビーチ日光川』の駐車場料金や混雑する時間帯、アクセス方法をしっかりリサーチさせて頂きました!!

 
 

スポンサードリンク




サンビーチ日光川の駐車場の料金は?

『サンビーチ日光川』の駐車場の料金は以下のとおりとなっています。

情報元:サンビーチ日光川 公式ホームページ

普通自動車

500円

大型自動車

2000円

自動2輪車

300円

※プールの営業期間中のみ有料になっています。

『サンビーチ日光川』の全体の様子です!

エントランスの東側(右側)が駐車場です。

駐車場は、敷地の3分の1の広さがありますね!

サンビーチ日光川の駐車場の混雑する時間帯は?

情報元:サンビーチ日光川

『サンビーチ日光川』の駐車場は、エントランスの東側に、1000台の大駐車場があります。

1000台も停めれるなら、それほど混まないように思いますが、どうなんでしょうか?

 

『サンビーチ日光川』の駐車場の利用時間を紹介します

・2019年の開園日は7月6日~ 9月8日となっています。
 (※9月2日~9月6日はお休みです)

・開園と閉園の時間は、夏休みとその前後で変わります。

7月6日~7月12日

【駐車場の利用時間】
・9:30から利用可能

【プール営業時間】
・10:00〜17:30

7月13日~9月1日

【駐車場の利用時間】
・8:30から利用可能

【プール営業時間】
9:00〜18:00

9月7日~9月8日

【駐車場の利用時間】
・8:30から利用可能

【プール営業時間】
・9:00〜17:30

学校の夏休みの頃は8:30から駐車場の利用が可能です。

夏休みの平日なら、営業時間前後に到着してもそれほど待たずに駐車可能です。

では、土日やお盆休み期間はどうでしょうか?

サンビーチ日光川公式ホームページ』やツイッターにも書いてありますが、やはりかなり込み合うようです!

渋滞にはまってしんどい思いをされてますね!↓↓↓

1時間以上の車渋滞はキツイです。↓↓↓

https://twitter.com/kyon653kyon/status/1033688889133805568

到着時間を考えて行動したいですよね。↓↓↓

駐車場の入り口には、開園の1時間以上前から車の列が何台も続きます。

ですので午前中の利用を考えるなら、8:00には到着していたいですよね。

それでも駐車するまでに時間がかかったり、入場するのに並ぶことは覚悟しておいた方が良いと思います。

あまりにも車が長蛇の列を作っていた場合は、施設側の配慮で早めに開園時間を早めてくれるそうです。

配慮が嬉しいですよね!

では、混雑を避けるおすすめの時間帯はあるのでしょうか?

サンビーチ日光川公式ホームページ』にも書いてありますが、13:30頃の到着を目指すと良いと思います。

そのくらいの時間になると、開園時間に来たお客さんが帰っていくので、駐車場も空き始めます。

家族連れで、特に小さい子供がいる場合はマイカーで行きたいですよね!

できるだけ混雑する時間を避けて、ご利用することをおすすめします。

スポンサードリンク


サンビーチ日光川へのアクセス方法!

『サンビーチ日光川』への車と公共交通機関でのアクセス方法を紹介します。

車でのアクセス

名古屋市内からの車でのアクセス方法を紹介します。

【住所】〒455-0855 愛知県名古屋市港区藤前5丁目901

名古屋市内から車で約25分前後で、『サンビーチ日光川』へ到着します。

名古屋高速・伊勢湾岸道を経由して、国道23号に入ります。

庄内・新川橋を渡り、「サークルK」の約100メートル前方にある「藤前流通団地IC」を左折すると、「案内標識」があるので、標識に従って下さい。

※その日の交通状況に寄って混雑状況は変わりますので注意して下さい!

公共交通機関の利用

公共交通機関を利用した場合のアクセス方法を紹介します。

名古屋駅からの直通バスの利用をがおすすめです!

バスで来られる場合は、『サンビーチ日光川HP』で詳しい時刻表を確認できます。

三重交通バス
「名古屋駅」

【料金】
・高速利用:大人400円、小人200円
・一般道路:大人220円、子供110円」

【名古屋駅 ⇒ サンビーチ日光川】
・名鉄バスセンターの3階の2番乗り場から乗車下さい。

・名鉄バスセンターからサンビーチまで約50分。

・サンビーチ日光川のバス亭は、日光川公園の中にあります。

・バス停から徒歩3分(約200m)。

市バス
「行き」

料金:大人210円、子供100円

【港区役所2番乗場 ⇒ サンビーチ日光川】
・1時間に1本、バスが運行しています。

【東海通3番乗場 ⇒ サンビーチ日光川】
・1時間に1本、バスが運行しています。

市バス
「帰り」

【サンビーチ日光川 ⇒ 港区役所】
・1時間に1本、バスが運行しています。

【裏技】イオンモール名古屋茶屋店からタクシー利用

『サンビーチ日光川』の駐車場が混雑して、どうしても停められない場合は、『イオンモール名古屋茶屋店』からタクシー利用を利用する方法があります。

『イオンモール』から『サンビーチ日光川』までのタクシー料金は、片道1050円ほどです。

駐車場料金の500円と比べると割高ですが、混雑する時間にしか行けない場合は、初めから『イオンモール名古屋茶屋店』を目指すのもありかもしれませんね。

サンビーチ日光川の基本情報

サンビーチ日光川の基本情報を紹介します。

情報元:サンビーチ日光川 公式ホームページ

営業時間

プールの開園日:2019年
7月6日~ 9月8日(※9月2日~9月6日はお休みです)

7月6日~7月12日
・10:00〜17:30
7月13日~9月1日
・9:00〜18:00
9月7日~9月8日
・9:00〜17:30

入場料金

・大人(高校生以上) 1,500円
・小・中学生 700円
・幼児(6歳未満) 無料
・65歳以上(名古屋市在住) 500円

定休日

プール開園中は無休
※9月2日~9月6日はお休みです。

駐車場

有料 500円(1,000台)

7月6日~7月12日
・9:30から利用可能
7月13日~9月1日
・8:30から利用可能
9月7日~9月8日
・8:30から利用可能

お問い合わせ先

電話:052-302-6200

ホームページ

サンビーチ日光川(http://www.sunbeach-nikkougawa.com/

オムツの可否

水パンツ着用で入ることが出来ます。

人工ビーチですが、リゾート気分を味わえますよ!

まとめ

今回は『サンビーチ日光川』の駐車場料金や混雑する時間帯、アクセス方法を紹介しました。

ホントかウソか、名古屋のハワイといわれてるんだとか!笑

潮風を受けて人工ビーチでのんびりできるので、あながち嘘でもない気もします。

人気のあるプール施設なので、やはり駐車場は混雑します!

しっかり情報収集をしてから来ると良いですよね。

おすすめは13:30に到着です!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

愛知県のおすすめプール5つを紹介しています!
         ↓↓↓

子供と行く!愛知県のプールおすすめ5選はここだ!

愛知県の夏は暑~~~いですよね!!子供もを連れて暑い公園へ遊びに行くは抵抗がありますよね。そんなときはプールに出かけましょう。今回は子供と一緒に行く、愛知県のプールおすすめ5選を紹介します!プールデビューの子供が安心して遊べるところや小学校のワンパク盛りの子供まで、リーズブルで楽しいプールを選びました!

 
 

スポンサードリンク




Pocket