Pocket

今回は、
・「カオス」車バッテリーの寿命による交換時期や見極めや判断基準
・「カオス」車バッテリーの適合車種の確認方法
この内容についてを紹介します。



「カオス」車バッテリーの寿命による交換時期の見極めや判断基準は?

自動車メーカーのホームページでは、バッテリーの寿命は一般的に2~3年と記載されていることが多いです。

しっかりとメンテナンスをすれば、バッテリーの寿命は5~6年、長い場合は7~8年もつこともあります。

自動車メーカーがなぜバッテリーの寿命を2~3年からにしているかというと、バッテリーの性能を100%使用できる期間だからです。

そのため、バッテリー故障せずしようできるということで、メーカーは保証期間を2~3年という基準にしています。

 

使用開始から3~4年くらいでバッテリーの使用容量が抜けていくことが考えられます。

そうなると、たとえ5~6年使えたとしても、バッテリーの性能としては70から80%の能力でしか使用できないことになります。

 

長年使用を続けたバッテリーは、発電装置が故障していたり充電システムのエラーを生じたりする可能性があります。

それが自動車自体の故障の原因につながること場合がることも考慮しておきましょう。

 

まとめると、メーカーの保証期間は2~3年で、5~6年後も問題なくバッテリーを使用できることもあります。

ですが、保証期間をすぎると、徐々にバッテリーが劣化して性能が落ちていると考えておくことが大切です。

長期間使用したバッテリーは、テスターを使用して劣化具合を確認しておくこともお勧めします!



 

「カオス」車バッテリーの適合車種の確認方法は?

パナソニックの「▶カーバッテリー適合検索」で、車名を入力して検索すると車種に適合したバッテリーを確認することができます。

▼カーバッテリー適合検索はこちらから!
https://panasonic.jp/car/battery/fitting/search/index.html

▶楽天市場でカオス バッテリー 適合 表の検索はこちら!

 



 

まとめ

今回は、
・「カオス」車バッテリーの寿命による交換時期や見極めや判断基準
・「カオス」車バッテリーの適合車種の確認方法
この内容についてを紹介しました。

【バッテリーの寿命】
・メーカーの保証期間は2~3年
・5~6年後もバッテリーを使用できるが、劣化して性能が落ちている
・バッテリーのテスターを使用して劣化具合を確認しましょう。

パナソニックの「▶カーバッテリー適合検索で、車種に適合したバッテリーを確認することができます。



Pocket