Pocket

東京オリンピックのスポーツクライミング日本代表、野口啓代選手のかわいい画像2021を紹介します!

野口啓代選手の出身大学や高校など学歴を調査しました!

野口啓代選手のプロフィール

名前:野口啓代(のぐちあきよ)
誕生日:1989年5月30日(32歳)
出身地:茨城県龍ケ崎市
身長:165cm
体重:52kg
血液型:O型
学歴;
・中学:龍ケ崎市立城ノ内中学校 卒業
・高校:東洋大学附属牛久高等学校 卒業
・大学:東洋大学ライフデザイン学部健康スポーツ学科 中退
所属:TEAM au

スポーツクライミングの戦績
2018年|アジア大会複合:金メダル
2019年7月|世界選手権:2位
※ボルダリングW杯年間総合優勝:4回

Instagram:https://www.instagram.com/noguchi_akiyo/
Wikipedia:wiki/野口啓代

 

▼女子スポーツクライミングの日程は8月3日(火)・8月5日(木)です。

東京オリンピック2020|スポーツクライミングの日程

83(火)
午後5:00|女子複合スピード 予選

女子複合ボルダリング 予選
午後9:10|女子複合リード 予選
84(水)
男子複合スピード 予選
男子複合ボルダリング 予選
男子複合リード 予選
85(木)
女子複合スピード 決勝
女子複合ボルダリング 決勝
午後9:10|女子複合リード 決勝
86(金)
男子複合スピード 決勝
午後6:30|男子複合ボルダリング 決勝
男子複合リード 決勝
スポーツクライミング

NHK「東京2020オリンピック」スポーツクライミングの競技日程・スケジュール 



【スポーツクライミング】野口啓代のかわいい画像2021を紹介します!

オリンピック競技のスポーツクライミングで活躍する野口啓代選手の2021年のかわいい画像を紹介します!

野口啓代選手の▶Instagramから、かわいい画像をピックアップしました!!

 



野口啓代の出身大学や高校など学歴を調査しました!

野口啓代選手の出身大学は東洋大学ライフデザイン学部健康スポーツ学科(中退)です。

出身高校は、茨城県の東洋大学附属牛久高等学校でした。

東洋大学ライフデザイン学部健康スポーツ学科(中退)

東洋大学ライフデザイン学部健康スポーツ学科オフィシャルサイト

健康スポーツ学科では、身体活動を通じて、子どもから高齢者、障がい者など、幅広く人々の健康づくりを指導できる人材の育成を目的としています。また平成29年4月からは2年次より、「スポーツサイエンスコース」「ヘルスプロモーションコース」「グローバルスポーツコース」「ユニバーサルスポーツコース」「アスリートサポートコース」の5コースに分かれ、さらに興味ある分野を深く、体系的に学べるようになります。

トレーニング科学コースコミュニティスポーツコース子ども健康科学コースユニバーサルスポーツコース

本学科は人間のライフ(Life:生、生活、人生)を考え続ける学問としての「健康スポーツ学」を学ぶ場。運動が得意な人はもちろん、たとえ得意でなくても、スポーツを通じた人間の豊かな生活の創造をサポートしたい人を歓迎しています。

引用:https://www.toyo.ac.jp/academics/faculty/hld/dspo/

▼東洋大学赤羽台キャンパスの場所(グーグルMAP)

東洋大学附属牛久高等学校

東洋大学附属牛久高等学校オフィシャルサイト

東洋大学附属牛久中学校・高等学校(とうようだいがくふぞくうしくちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、茨城県牛久市柏田町にある男女共学の私立中学校・高等学校。東洋大学の附属校である。略称は「東洋大牛久」(とうようだいうしく)。スポーツは全国区の相撲部(元アマチュア横綱・元大相撲力士の栗本剛/武哲山剛が前顧問)等が有名。2019年8月には、同校を2007年に卒業した野口啓代選手がスポーツクライミング日本代表として2020東京オリンピックに出場することが決定した。野球場・テニスコート(砂入り人工芝7面)があるほか、最近では校庭の人工芝が完成した。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/東洋大学附属牛久中学校・高等学校

▼ ⾼等学校の場所(グーグルMAP)

 



まとめ

今回は、スポーツクライミングの野口啓代選手のかわいい画像2021を紹介しました。

出身大学は東洋大学ライフデザイン学部健康スポーツ学科(中退)で、出身高校は東洋大学附属牛久高等学校でした。

東京オリンピックでは、スポーツクライミングの初代金メダリストになる可能性が高い選手です。
野口啓代選手の活躍を期待しましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



Pocket