Pocket

皆さんこんにちは。

先日、サッカー日本代表のキリンチャレンジカップが終わり、カタールW杯まで残り数試合となっています。

日本の攻撃を引っ張っていく選手が誰なのか気になりませんか?

 

そこで、今回はサッカー日本代表の「10番」を背負う

「南野拓実」

選手について紹介します。

 

最後まで記事を読んでくれると嬉しいです。

 



南野拓実の所属チームの経歴やプレイスタイルは?

まず、南野選手の歴代所属チームとプレイスタイルを下の表にまとめます。

チーム所属年度 所属チーム
2012-2014 セレッソ大阪(日本)
2015-2019 レッドブル・ザルツブルク
2019-2021 リヴァプールFC(イングランド)
2021-2021 サウサンプトンFC(イングランド)
2021-2022 リヴァプールFC(イングランド)
2022-現在 ASモナコ(フランス)
プレイスタイルや特徴
・オフザボールのうまさ

・狭いスペースでのボールコントロール

・献身的な守備参加

所属チームの経歴

南野選手の経歴を所属チームごとにまとめていきます。

「セレッソ大阪時代」

セレッソ大阪のユースチームに在籍していた南野選手は18歳の時にトップチームへの昇格を果たします。

そして、高卒ルーキーながらJリーグ開幕戦にスタメンで出場します。

これはクラブ史上初の出来事でもありました。

プロ生活を順調にスタートして以降、その年には最終的に38試合出場8得点の記録を残します。

この活躍が認められて、Jリーグベストヤングプレイヤー賞を受賞しました。

 

次のシーズンも活躍を続けられれば良かったのですが、チームの不調もあり、プロ2年目はチームが2部降格と屈辱を味わうことになりました。

「レットブル・ザルツブルク時代」

南野選手はプロ3年目のシーズンに初の海外挑戦をします。

移籍直後は主力とはいわないまでも、与えられたチャンスをうまく生かし、自身の経験を積んでいきます。

在籍2年目からは海外の生活にも慣れてきたのか、チームの主力としての地位を確保します。

 

そして南野選手の運命を変えた試合は2019年10月3日に行われたチャンピオンズリーグ リヴァプールFC戦。

下馬評では格上とされていたリヴァプール相手に3-4の大接戦。

敗北こそしたものの一時は3点差を縮め、南野選手自身も1ゴール1アシストと世界中から注目を浴びる活躍をしました。

この試合が終わった後、南野選手の活躍を目にしたリヴァプールのファンによる

「今すぐ南野を獲得するべきだ!」

だという意見がSNS上で次々に上がります。

リヴァプールのスカウト部も南野選手に目を付けたらしく、獲得オファーの提示を決断します。

「リヴァプールFC時代」

南野選手は、チャンピオンズリーグでの活躍もあり鳴り物入りでリヴァプールに加入することになりました。

ただ、リヴァプールが主戦場とするプレミアリーグは世界屈指のチームや選手が集まることもあり、新加入選手がチームへの適応に苦しむことでも知られています。

加入1年目では主に控えでしたが、チームはリーグ優勝を果たしました。

期待を背負って新シーズンを迎えますが、暑すぎる選手層に阻まれ思うように出場機会を得られません。

そこでシーズン途中にサウサンプトンFCへの期限付き移籍を決断します。

「サウサンプトンFC時代」

移籍直後、リヴァプールでは埋もれていた才能を発揮する機会が訪れます。

ニューカッスル戦では移籍後初出場にもかかわらずいきなり点を決め、得点能力の高さを改めて世に見せつけます。

その後は強豪チェルシー戦でも得点を決めるなど、プレミアリーグでも活躍できる素質を証明してからリヴァプールへ戻ることになります。

「リヴァプールFC時代」

最初のリヴァプール挑戦はうまくいかなかったものの、サウサンプトンでの活躍からもう一度リヴァプールでのチャンスを与えられます。

主にカップ戦で出場機会を与えられ、その成績は驚くほどのものでした。

FAカップでは南野選手が4試合3得点を記録してクラブ16シーズンぶりの優勝に貢献します。

カラビオ・カップでも南野選手が5試合4ゴール1アシストを記録して優勝に貢献します。

「ASモナコ時代」

2022年度夏、リヴァプールファンから惜しまれながらもフランスのASモナコへの移籍が決まりました。

南野選手自身はリヴァプールでやっていけるだけの実力は十分にあると思いますが、より多くの出場機会を選択したようです。

来シーズン以降南野選手の新天地での活躍を楽しみにしましょう。

 

 



 

プレイスタイル

南野選手は相手の裏のスペースへ抜けていく技術と狭いスペースでもボールを簡単に失わない技術に足けています。

相手をかわしてからシュートへの一連の技術も高く、味方が生み出してくれたチャンスをものにできる、典型的なストライカータイプの選手です。

ストライカー気質の選手でありながら、守備面での貢献も全く怠りません。

日本代表には数多くの優秀なアタッカーがいますが、その中でもレギュラーを勝ち取っている理由として、こうしたストライカーとしての貢献に加えた守備意識の高さがあるのでしょう。

 



 

南野拓実の身長や年齢などプロフィールを紹介します!

南野拓実選手の身長や年齢などプロフィールを紹介します。

 

南野選手の174cmという身長はヨーロッパや南米やアフリカの選手と比べると決して大きくはありません。

しかし南野選手は足元の技術が非常に高い選手ですので、身長を弱みとしないプレースタイルを確立しています。

名前 南野拓実(みなみのたくみ)
身長・体重 174cm 67kg
年齢 1995年1月16日(27歳)
血液型 A型
出身 大阪府泉佐野市
ポジション フォワード
所属 リヴァプールFC
利き足 右足
趣味・特技 写真
SNS Twitter
Instagram

 

 



 

南野拓実のTwitterのイケメン画像

南野拓実のTwitterのイケメン画像を紹介します。

 

南野選手は日本代表の攻撃に欠かせない選手の一人です。

 

南野選手は攻撃、守備問わず懸命に走り続けます。

 

3年前の強豪リヴァプールへの移籍は世間を大いに盛り上がらせてくれました。

 

南野選手はカップ戦で大活躍を収めました。

このトロフィーは彼のおかげで獲得できたといっても過言ではありません。

 

 



 

まとめ

この記事では南野拓実選手の経歴や特徴について紹介しました。

リヴァプールでは思うように出場機会が得られませんでしたが、彼のフォワードとしての能力は疑うまでもありません。

 

カタールW杯でも世界中を驚かせるような大活躍を見せてほしいですね!

 

最後まで記事を読んでくれてありがとうございました。

 



Pocket